アディダスジャージ


アディダス(adidas)ジャージビンテージ

アディダス(adidas)ジャージのビンテージモノが結構あります。なかには上だけで15000円を超える値段のものも…

主に古着として出回っている模様。


アディダス(adidas)ジャージビンテージものをコレクションしている人も多いようです。
posted by アディダスジャージマニア at 16:28 | アディダスジャージ

古着アディダス(adidas)ジャージ

アディダス(adidas)ジャージは、古着ファッションとしても有名。


何にでも合い、安っぽさを感じさせない、使いどころによっては非常にオシャレなるアイテムです。


アディダス(adidas)ジャージのカラーとデザインのバリエーションが多彩だから、というのもあるのでしょうね。

中にはびっくりしてしまうほどのレアもの古着もあります(^^;
posted by アディダスジャージマニア at 16:23 | アディダスジャージ

アディダス(adidas)レトロ ジャージ

アディダス(adidas)ジャージには「レトロジャージ」といわれるほど入手困難なジャージが存在しています。

例をあげれば、

・アディダス(adidas) ジャージ 皇帝 ベッケンバウアー モデル



・アディダス(adidas)ジャージワンピース

など。

中には値段をみてビックリするモノもあります(^^;
posted by アディダスジャージマニア at 16:18 | アディダスジャージ

アディダス(adidas)ベロア ジャージ

アディダスのベロアジャージは、スポーツ用としてというよりは

ファッション向けのジャージといえそうです!


アディダス(adidas)ベロアジャージは古着のデニムなどとの組み合わせもバッチリ…だけど

やはりあまりにも人気過ぎて品薄の状態が多かったり。

古着屋さんでたま〜に見かけますが、古着なのにすごい高かったりしますよね。アディダスデロアジャージ自体が結構レアな存在なのでしょうか?!



アディダスベロアジャージ
posted by アディダスジャージマニア at 16:09 | アディダスジャージ

アディダス(adidas)ジャージワンピース

アディダスジャージのワンピースが存在します!

もちろん女性用ですが(笑)

かなりレアな商品のため、実際のお店でも通販でも品薄・品切れが非常に多いようです!

アディダス(adidas)ジャージワンピースを、インターネットでちょいちょい調べてみましたが、やはり情報そのものがあまりないので

プレミアム級ですぴかぴか(新しい)

(アディダスワンピース、adidasワンピース)

アディダスジャージ(ワンピース)
posted by アディダスジャージマニア at 15:10 | アディダスジャージ

アディダス(adidas)ジャージ皇帝ベッケンバウアーモデル

アディダス(adidas)ジャージ皇帝ベッケンバウアーモデル

というのがあるのはご存知でしたか?ぴかぴか(新しい)

1970年代にドイツサッカー選手として大活躍した「”皇帝”ベッケンバウアー」

ベッケンバウアーといえば「アディダス」というほどなんだそうです。


その「”皇帝”ベッケンバウアー」モデルのアディダスジャージが、何種類か出ていますが、大人気かつレアなものなので入荷してもすぐに在庫切れになってしまいます。


ADIDAS Beckenbauer TT #058736LEGACY/DARKGREENベッケンバウアーモデル(←品薄のベッケンバウアーモデル)
posted by アディダスジャージマニア at 14:37 | アディダスジャージ

アディダス(adidas)の歴史

1920年…ドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハで、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。兄のルドルフが販売、アドルフが生産を主に担当。

1948年…「ダスラー兄弟商会」を解消。アドルフはアディダス社を設立。「アディダス」とはアドルフの愛称「アディ」と「ダスラー」をつなげたもの。なお兄ルドルフはRUDE社を設立。これが翌年、プーマ社となる。

1965年…テニスシューズ「ハイレット」を発表。これが後のスタンスミスである。

1970年…オールレザーのバスケットシューズ、「スーパースター」発表。
1970年以降、アドルフの息子ホルスト・ダスラーが実権を握り始める。ホルストはスポーツ広告代理店ISLを電通と共同で設立し、スポーツをビジネス化した。これによりFIFAやIOCなど国際的スポーツ組織を取り込み、スポーツ界全般においても大きな力を持つようになった。ホルストはアディダスを世界一のスポーツメーカーの座に導いた。

1986年…ホルスト・ダスラーが51歳の若さで病死。アドルフの娘たちとホルストの息子たちとの間での経営権争いもあり、アディダスの経営は迷走を始める。

1990年…フランス人実業家ベルナール・タピが株式の過半を取得、経営権を握る。これによりダスラー家とアディダス社との資本関係はほぼ消滅した。この頃には、ナイキ、リーボックに次ぐ業界3番手に転落していた。

1993年…銀行団主導でフランス人実業家ロベール・ルイ・ドレフュスが経営権を握る。ドレフュスのもとでアディダスは黒字化、復活を果たした。

1995年…フランクフルト証券取引所に上場。

2005年…リーボック株を取得し、リーボックをグループに加える。

※アディダスグループの売上げは約100億ドル。ナイキの売上げはグループ推定で約137億ドル。

(フリー百科事典ウィキペディアより)
posted by アディダスジャージマニア at 05:46 | アディダスジャージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。